【経験談】アメリカでの語学留学を失敗させない3つの方法

留学論

アメリカでの語学留学を成功させたい人へ

どうも、オキツです。今回は「アメリカでの語学留学を考えている、現在している」、「他の人と同じような成果じゃ満足できない」という人に向けて書いてあります。やる気に満ち溢れた人がより良い語学留学を成し遂げるために僕の経験と考えをシェアしていきます。

語学留学を失敗させない3つの方法

ブログのタイトルでもあるように僕が考えるに語学留学を成功させるには「日記」、「ボランティア」、「Meetup」という3つの大きなポイントがあります。これらのポイントを順を追って解説していきます。

1,日記

僕が語学留学中にやってよかったと思うことの一つに毎日英語で日記を書き続けたということがあります。しかしただ日記を書いて満足していてはほとんど意味がありません。僕が語学留学中に常に実践していたことは、毎日日記を書いてそれを学校の先生に添削してもらっていました。英語で日記を毎日書き続けるのは決して楽なことではありません。実際に僕も友達と遊ぶほうが留学生活が充実しているような気がして何度も逃げたくなりました。しかし僕は日記を書いてそれを授業終わりに先生に添削してもらい続けました。その結果、ライティング力文法スピーキング力を伸ばすことができました。

ライティング力

毎日英語で文章を書き続けるのでもちろんライティング力は飛躍的に上がります。最初の頃は文章を考えるのに何十分もかかっていたのに一ヶ月も続けると自然と英文が頭の中に浮かんでくるようになります。しかしこの最初の1ヶ月は本当にしんどいのでこのブログを読んでいる人に伝えたいのは絶対にその努力は意味のあるものになるので途中でやめないでほしいということです。

文法

英語で日記を書き続ける事でもちろん文法力も飛躍的に上がります。僕は最初の頃は常に自分の書きたい文章の文法をネットで調べまくっていました。しかし留学終了の頃になると自分の頭の中にある知識だけで自分の書きたい文章がかけるようになりました。学校のネイティブの先生に毎日のように添削してもらうことで「theとaの違い」などネットで調べるだけでは中々理解できない文法も次第に理解できるようになっていきます。僕は実際に先生に呆れられるくらい毎日のようにtheのミスを指摘されました。現在は完璧とは言えませんがtheの使い方が感覚的にわかるようになりました。

スピーキング力

僕は今みなさんが頭の中で思っていることが分かります。「日記を書くだけなのにスピーキング力が上がるなんてこの人は何を言ってるんだ?」ですよねw確かに日記を書くだけでスピーキング力が上がる事は中々ありません。しかしその日記を先生に英語で添削してもらい、分からない所を英語で聞き直さなければなりません。自主的に日記を先生に提出することによって先生とマンツーマンで英語を話す機会を得ることができるのです。実際に僕は毎日授業終わりに日記を提出してその後30分以上英語のことについて英語で会話をしていました。これは確実に他の留学生との「差」になります。

ボランティア

2つ目に僕が語学留学中にやってよかったと感じたことはボランティアです。僕は8ヶ月の語学留学のうち後半4ヶ月は週2回、保育園にボランティアに行っていました。アメリカ人の子どもがめちゃめちゃ可愛くて癒やされるのはもちろんのこと、実践的な英会話の練習の場としても最適でした。5歳とはいえ彼らは英語のネイティブのため英語に関しては僕らの先生です。一緒に遊んでいるだけで英語の学びがあり、先生とのコミュニケーションでさらに実践的な英語を使うことができます。

どうやってボランティアを見つけたのか

僕の留学エージェントがサンフランシスコにオフィスを構えており、そのエージェントの紹介で保育園のボランティアを見つけることができました。留学代理店のことについては他の記事でしっかりと解説するつもりですが、一つだけはっきり言えるのは留学代理店は真面目に選ぶべきであるということです。僕は今回お世話になった留学代理店を使っていなかったら留学の質は確実に落ちていたと確信しています。本当に恵まれました。

また、僕が留学に行ったサンフランシスコはアメリカに3つしかない日本街があるくらいに日本人がいます。そして僕がボランティアに行っていた保育園は日系人の子どもに対する教育プログラムを持った保育園でした。そのため、日本語が話せる日本人ボランティアを募集していたのです。しかし、日系の子は全く日本語が話せないので保育園では基本的に英語での会話になります。

このようにどこの都市に留学に行くかでボランティアのしやすさも左右されることがあるので事前にボランティアをする事まで見越した留学を考えることをオススメします。迷ったら僕と同じくサンフランシスコを選べば間違いないです

Meetup

語学留学を成功させる最後の鍵は「Meetup」です。日本人にはあまり馴染みが無いかもしれませんが海外で非常に流行っているアプリの名前です。このアプリは同じ趣味を持った人が集まれる場所を作るためのものです。様々なイベントが常時主催されていますがその中でも「Japanese Language Exchnge」というイベントをオススメします。これは日本語を学びたいアメリカ人と英語を学びたい日本人が集まってそれぞれの言語で会話を楽しむというものです。

ここで英語を話す一番のメリットはお互いに言語を勉強しているので自分の英語が流暢じゃなくても相手が嫌な顔をすることが無いということです。語学留学をし始めたばかりの時にネイティブの人と話すのはどうしても億劫になってしまう場合が多いです。このMeetupではそのようなことを一切気にすること無くお互いが言語学習者として会話をすることができます

参加はもちろん無料で事前にMeetupのアプリから出席の予約を入れるだけでだれでも参加できるのもメリットの一つです。これはサンフランシスコだけでなく様々な都市で行われているので自分の行きたい留学先でこのMeetupが行われているのか是非調べてみてください

まとめ

今回はアメリカでの語学留学を成功させるために絶対にしておくべき3つのことを紹介しました。僕の周りでこれらをやっている人を見たことがないので是非この3つを実践して周りの留学生と差をつけましょう!

ツイッターにて記事の更新情報や留学についての情報を毎日つぶやいているのでぜひフォローよろしくお願いします!また留学のことについての質問がありましたら気兼ねなくDMで聞いてください!!

<a href=”https://twitter.com/okitsu54966204″>オキツのツイッターを見る</a>

この記事を書いた人

京都在住の大学生
大学を休学してアメリカへ8ヶ月の語学留学。その後プログラミングに興味を持ちインドでプログラミングを勉強。英語のことや留学のこと、Wordpressのことについての記事を書いていきます。大学の専攻は社会福祉。
Twiiterもやっているのでこちらからフォローお願いします!