【2019年】僕がインドでのプログラミング留学を決めた理由を徹底解説!

インド

私、オキツはただいまインドにてプログラミングを勉強しています。俗に言う「IT留学」というやつです。これから数記事に渡って僕がインドにIT留学を決めた訳や、その内容について感じていることを書いていきます。

IT留学を決めたわけ

プログラミングを始めた理由

僕はよく「なんでIT留学をしにインドに来たのか」とよく聞かれます。質問される理由として一番最初に上ってくるのが僕の大学の専攻が社会福祉だからです。福祉といったら一番ITから遠い分野と言っても過言ではありません。なのでよく「なぜプログラミング?!」という質問を受けます。

僕がIT留学を決めた理由は「IT関係のことについて全く知らなかった」からです。パソコンをいじるのなんて最高に嫌いでした。だからこそ、いつも心のどこかでこのままでいいのかどうかを考えていたのです。

その頃の僕はよく「もしプログラミングができたら…」と意味のない妄想ばかりするようになっていました。行動に移さずにただ頭で考えて満足していたのです。しかしある日、このままプログラミングを勉強せずに社会に出たら絶対に後悔すると思い、プログラミングの学習を決めました。

僕の行動は基本的に「思い立った日が吉日、その日以降は凶日」という信念に基づいているので、一度プログラミングを勉強すると決めてからインド留学を決断するのに長く時間はかかりませんでした。

留学という選択肢をとった理由

ここまでの話を聞いただけだと「プログラミングの学習にインド留学とか必要じゃなくね?」と思う人もいると思います。僕もそのとおりだと思います。日本にいればビザとか煩わしい手続きなんてしなくてもすぐに勉強始められるんですもん。

ただ僕は日本にいたらプログラミングの勉強に専念できないという確証がありました。日本にいたら友達と遊びたくなるだろうし、絶対に勉強しない日が出てくるという確証です。という単純な理由で海外でプログラミングを勉強することに決めました。

なぜインド?

IT留学を決めた後はとにかく「IT 留学」とか「プログラミング 留学」でグーグル検索しまくりました。それを通してみつけたIT留学候補国はアメリカ・カナダ・フィリピン・インドでした。アメリカとカナダは予算的な問題で渋々一回戦敗退。

フィリピン留学とインド留学で悩んだ時に、真っ先に思い浮かんだのは「フィリピン留学ってみんな言ってるけどインド留学って聞いたことないな…」という考えです。住環境に心配はありましたが、最終的に「人と違うことがしたい」というありきたりな理由でインドに決めました。僕の周りの同じくインドでプログラミング留学をしている友達にどうしてインドを選んだのかと聞くと、「インド留学の方がフィリピン留学よりかっこいい」とか「去年フィリピン留学に行ったから次はインドかなって思っただけ」といった曖昧な理由ばかりなので留学先選びは予算以外は自分の直感に従えばいいと思います。

以上がなぜ僕が「インド」「プログラミング」「留学」をしているかという質問の答えです。次回の記事では実際の所、インドでのIT留学は実際にどうなのかというところにメスを入れていきたいと思います。

現在僕が通っているSpiceupAcademyという学校を紹介した記事を過去に書いたのでよろしければそちらも読んでみてください。

僕がプログラミング留学先に選んだインド留学のSpiceupAcademyとは

2019年3月4日

ツイッターにて記事の更新情報や留学についての情報を毎日つぶやいているのでぜひフォローよろしくお願いします!

<a href=”https://twitter.com/okitsu54966204″>オキツのツイッターを見る</a>

この記事を書いた人

京都在住の大学生
大学を休学してアメリカへ8ヶ月の語学留学。その後プログラミングに興味を持ちインドでプログラミングを勉強。英語のことや留学のこと、Wordpressのことについての記事を書いていきます。大学の専攻は社会福祉。
Twiiterもやっているのでこちらからフォローお願いします!